海の近くであれこれと。ディスカバリー 写真家 森 時尚のブログです。千葉県の外房地域の九十九里浜の写真が主です。
by ittemitaina
タグ
お気に入りブログ
ふるさと結婚式 歴史と共に
最新の記事
快晴の夜
at 2017-12-09 20:45
今日の夕日
at 2017-12-07 20:44
今日の朝日
at 2017-12-07 20:43
夕日とわかば
at 2017-12-06 20:13
今日の朝日
at 2017-12-06 20:11
画像一覧
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 06月
カテゴリ
最新のコメント
日没寸前はこんな感じだっ..
by ittemitaina at 05:15
今日の夕日はピンク色だっ..
by 海好き犬飼い at 23:13
ふゆの美しい夕方に行きた..
by ittemitaina at 10:50
昨晩は左下が欠けてました..
by 海好き犬飼い at 09:02
犬どもはいつも熱い ..
by 海好き犬飼い at 00:18
そんなに変には思っていま..
by ittemitaina at 20:55
昨夜は仕事で遅くなり一人..
by 犬飼い海好き at 20:29
仲良くできれば、それに越..
by ittemitaina at 05:17
下世話な人間界みたいに、..
by 犬飼い海好き at 05:07
海を歩くと心が落ち着きま..
by ittemitaina at 20:21
ブログジャンル
溜め息よりは深呼吸
c0226687_22081765.jpg
今日の朝の海


c0226687_22082664.jpg
今日の朝のいつもの木


c0226687_22083227.jpg

今日の夕のいつもの木


のんびり生きられればそれで良いのでは無いかと。。。








[PR]
by ittemitaina | 2017-10-02 22:12 | Comments(4)
Commented by 犬飼い海好き at 2017-10-03 14:11 x
加島祥造著書の『求めない』を以前購入し読みました。
物欲、煩悩は人生の重しになるよと書いてあった
Commented by ittemitaina at 2017-10-03 19:03
> 犬飼い海好きさん
煩悩、欲望は肉体を持って生まれた者の性ではあるものの
だから良いとするのはいかがなものか。と思いますね。
悟りを開くなんて出来るものでは無いと思いますが
欲に振り回されているという自覚と
欲を満たす事によって生まれている他者(他の生き物達)への弊害というのを認識する
これは必要だろうと思います。
Commented by 犬飼い海好き at 2017-10-04 03:45 x
物欲や煩悩は必要だと思います。
否定的な捉え方ではなく、欲は努力や学習の糧にはなりますから。
が、故にプレッシャーや苦悩の源になってしまい、良からぬ思考や言動にも繋がります。
それを乗り越えたら聖人君子なのかな(笑)。
無理です、ははは。
犬と遊ぶとストレートだしシンプルで楽しい、仕事したくなくなる。
Commented by ittemitaina at 2017-10-04 11:30
> 犬飼い海好きさん
まぁ僕自身、欲に振り回されて生きているのですけれど
でも欲や煩悩を全面的に肯定する気にはならないのですね(笑
現代の人間が人間同士で勝ってにもがき苦しむのは、どうぞご勝手にとしか思えないのですが
(多少の希望は持っちゃ居るんですけどね(苦笑))
ただ、関係の無い動植物に迷惑をかけるのは見るに堪えないなと思うわけで
とは言うものの、きっと人間という動物は地球の歴史から見たら一瞬にして現れた動物であり、一瞬にして消えるだろうとも思っていて
遠く俯瞰的に歴史を見ると、そう悲観しても居ないのですけどね。
所詮人間も自然の一部ですから。
<< 鳥が飛ぶ 月夜の海 >>