海の近くであれこれと。ディスカバリー 写真家 森 時尚のブログです。千葉県の外房地域の九十九里浜の写真が主です。
by ittemitaina
タグ
ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。
お気に入りブログ
記憶に残った1枚|結婚式...
ふるさと結婚式 歴史と共に
最新の記事
感じること
at 2017-05-28 21:25
猫の兄弟
at 2017-05-25 20:58
トトロの家
at 2017-05-25 20:52
今日の夕日
at 2017-05-18 20:02
夕日の中で
at 2017-05-18 20:00
画像一覧
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 06月
カテゴリ
最新のコメント
そろそろ、直線工事はお終..
by ittemitaina at 07:35
めっきり犬を走らせに海に..
by 海好き犬飼い at 03:31
> 海好き犬飼いさん ..
by ittemitaina at 19:17
何故か冬の鉛色の空と海に..
by 海好き犬飼い at 17:08
> 海好き犬飼いさん ..
by ittemitaina at 20:58
このブログを先日偶然見付..
by 海好き犬飼い at 19:23
> dokuritsus..
by ittemitaina at 18:45
ブログ拝見させて頂きまし..
by dokuritsusite at 19:15
NAOさん コメントを..
by ittemitaina at 21:36
私は野良猫にもなにか語っ..
by NAO at 13:37
ブログジャンル
さんたへ
きょうの朝、さんたは永眠しました。
朝早く、今生に別れを告げ、その魂は再び違う場所へと旅立ちました。
11年余り、さんたは僕にとって、もっともたくさんの話をする相棒でした。
なんでも聞いてくれる相棒でした。
彼のおかげで僕はずいぶん救われていたのだと今さらながらに感じます。

さんたという最良の友を失ったのは、これまでの人生において最も大きな悲しみという程に辛いものではありますが
しかし、前を向いて歩いていかなければと思います。
さんたが、もう一度生まれてきたいと思える、この地になれるように。
いつか、また会えるであろうさんたに「頑張ってはみたんだけどさ」と言い訳ができるように。

また、会おうさんた。
十年間ありがとう。
幸せな時間でした。

さんたへ。

(10月23日の、朝の写真)

c0226687_18434770.jpg
c0226687_18434812.jpg
c0226687_18434844.jpg
c0226687_18434896.jpg
c0226687_18434800.jpg
c0226687_18434890.jpg
c0226687_18434832.jpg




[PR]
by ittemitaina | 2015-10-23 18:59 | Comments(6)
Commented by ふくろう at 2015-10-25 05:39 x
こんな悲しいブログ記事を見たくありませんでした。
写真が美しく、
さんたとおとうさんが生きた場所、歩いた場所だと思うと
胸がいっぱいになります。
朝の海、本当に綺麗です。
あの朝日を浴びながら海にきていたんですね。

高い砂丘の上から、気持ちのいい風を感じながら海を見渡すと
波打ちぎわを歩くさんたをよく見かけていました。
あの景色のあちこちにさんたがいます。

愛らしい愛らしいさんた。
シニアとは思えないような可愛いしぐさをたくさんみせてくれましたね。
もう会えないなんて。

大好きなおとうさんに見取られ
安心して天国に行ったのではないでしょうか。
心よりご冥福をお祈りいたします。
Commented by ittemitaina at 2015-10-25 08:09
ふくろうさん
コメントをありがとうございます。

そうですね。
いつかは別れの時が来るとは思ってはいましたが、実際にそうなると辛いものです。
今、さんたはどこに居るのか
目を瞑ると、笑いながら違う場所を生きているようなさんたが見える気がします。

また、いつか会えるでしょう。
Commented by naojuri at 2015-10-25 13:15 x
寂しいですね。
さんた君の冥福をお祈りいたします。
Commented by ittemitaina at 2015-10-25 18:03
naojuriさん
コメントをありがとうございます。

そうですね。十年間ずっと一緒に歩いてたもので、やはり寂しいものですね。
さんたの冥福をお祈りいただき、ありがとうございます。
きっと元気にやっていると思います。
Commented by 海好き犬飼い at 2016-10-20 19:23 x
このブログを先日偶然見付けました。
さんたとは家内とワンコの方が馴染みがある、実は僕、数回しかさんたとは挨拶をしたことがないんです。

もうすぐ一周忌ですね、またあの場所、あの海岸でお会いしましょう。
※意味の分からない工事で風景が変わるのは悲しいことですね。
Commented by ittemitaina at 2016-10-23 20:58
> 海好き犬飼いさん
コメントをありがとうございます。
今日がさんたの一周忌でした。
いつまでも皆さんに慕われていてさんたは凄いなとあらためて感じています。

意味の分からない工事は本当に嫌ですね。こまったものです。
<< スズからの伝言 まるで花札のような夕日でござる。 >>